<< 昨日見たもの 昨日のかきこ | main | 昨日見たもの 昨日のかきこ >>

菊地成孔;大谷能生「アフロ・ディズニー2」(文藝春秋)覚書1

0
    8/25猫町倶楽部月曜会課題本

    菊地成孔;大谷能生「アフロ・ディズニー2」(文藝春秋)

    は予想以上にハードなアニオタ教養が必要みたいなんで、その部分だけ注釈。時間ないのでかなり手抜きなのはご容赦。


    P44下段L15「『CLANNAD』といったゲームを」

    一般常識。アニメ化もされた「美少女ゲーム」。さすがにゲームまでやっているアニオタは少数派だとは思うが(僕はもちろんやってるよ!「智代アフター」もね!あ、プレイしたい人いたら貸すよ!)。「エロゲー」「恋愛ゲー」と言われることのほうが多いけど。日本における「エロゲー」の多くは実はアダルトビデオ的なドスケベなものとはぜんぜん違うんで(いや、そういう作品もあるけど)、偏見持って触れずにいると痛い目にあう(経験者は語る)。例えば森鴎外の「舞姫」程度のエッチ要素のある(ゲームというより)小説的作品だと思えば良い。谷崎潤一郎「痴人の愛」ほどはエロくない。日本ではそれが「エロゲー」と言われてしまう。
    日本の美少女ゲームと言えばCLANNADがトップ3には必ず入る。「CLANNADは人生」とか言われているほどの作品。CLANNAD一つプレイしておけば、日本のエロゲーというものがどういうもので、どういう影響をアニメに及ぼしているか理解できる。「魔法少女まどか☆マギカ」などの日本アニメにも多大な影響を与えている。東浩紀いわく「魔法少女まどか☆マギカ程度で騒いでいる奴は(CLANNADを始めとする)エロゲーやったことない無教養な奴」「エロゲーに受賞させないから芥川賞と純文学は衰退した」。そんぐらい実は日本のエロゲーはアニメ理解の上で重要。
    制作会社のKeyは、他にも「AIR」「Kanon」というこれまた非常に重要な美少女ゲームを出していて、いわゆる「泣きゲー」というジャンルの牽引役。この3タイトルを知らない奴はアニオタとしての最低限の教養を備えていないと言って良いほど重要。
    ニコニコ動画などではよくMADの素材にもされている。
    まぁまだまだ語り尽くせないから止めるけど、アニオタ教養身につけたいならとりあえずアニメは見とけ!できればゲームプレイ動画ぐらいも!ってな超重要作です。

    P67下段L11「音楽に対して「きしめん」というコメントが大量に書き込まれていますが」

    一般教養。もとは「Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-」って美少女ゲームのオープニングテーマ「true my heart」。空耳動画の5本の指に入る有名曲。ゲーム自体はどうでもいい。強度のアニオタじゃないとタイトルも知らない。というか多分曲名自体も知らない。ぶっちゃけ僕も調べるまで曲名知らなかった。そしてもう忘れた。検索も「きしめん」でやったほうが見つけやすい始末。このように、オリジナルよりもMAD動画や空耳動画の方がはるかに有名になり、オリジナルがもはや「素材」としての意味しか持たなくなるというのは、ニコニコ動画などではよくあること。そしてそうした動画を見たことをきっかけに、オリジナルのアニメやゲームに手を出すというのもよくある流れで多分マーケティング上も重要になっている。
    暇な人は実物は以下で視聴を。

    http://www.youtube.com/watch?v=PBis_pDrQfQ
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm367861

    P79上段L5「映像1――『魔法騎士レイアース』OP」

    一般教養。古いアニメだし、見ていなくてもいいから名前は知っておこうねってレベル。原作者のCLAMP(女性漫画家4人の共同名義)は最近では、映画化もされた「BLOOD-C」が有名。他にアニメの代表作は「コードギアス 反逆のルルーシュ」(キャラデザイン)があり、こちらは一般常識アニメ。

    補足:クレームが来たんで、「カードキャプターさくら」も代表作にあげておくよ!でもこれはアニオタ的一般教養ではあっても、一般人からするとマニアックな作品になると思う。

    本書で取り上げられているOPは多分、第一期OPだと思う。

    【魔法騎士レイアース】ゆずれない願い
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm5679353

    P79下段L11「ふしぎの海のナディア」

    オタキングこと岡田斗司夫率いるガイナックスが、後のエヴァンゲリオンを作ることになる庵野秀明主導で制作した、一般常識アニメですね。まぁヲタ目線から見れば色々言いたいことのある作品ではあるけど。
    前述のレイアースのOPと比較してみましょう。

    ふしぎの海のナディア OP ブルーウォーター
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm9193856

    P82上段L8「映像3――『涼宮ハルヒの憂鬱』を素材にしたMAD」

    一般常識アニメです。見ていない奴はアニオタではありません。ラノベ原作だけど一見よくある学園ものかと思いきや、SFとしても非常に優れていて、僕はSF初心者にはいつもこれを薦めている。とにかく設定がぶっ飛んでいる。そして同時にちゃんと論理的であり整合性がある。この絶妙なバランスは凄い。ハルヒの始業日における自己紹介「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」ってセリフが有名ですね。ただの電波女やんけ!まぁその通りの内容になっちゃったんだけど。
    作ったのは偉大な京都アニメーション。この後「らき☆すた」「けいおん!」といった名作を連発することになる。実は前述のCLANNADも京アニがアニメ化した。京アニドンダケ〜。
    そしてそうした名作連発の要素・秘訣はハルヒにほぼ含まれている。原作とアニメは別物だと思った方が良い。原作付きの映像作品ってのは得てして、「原作の方が面白いよねー」ってなりがちだが、これは両方面白い。文字メディアと映像メディアのそれそれの特性を最大限に利用し、それぞれが名作に仕上がっている。京アニは、そうした原作の生かし方が非常にうまい。らき☆すたやけいおん!に至っては、実は原作はアニメほどには面白くない。
    文中に出てくる動画はなんなんでしょうね。多分この2つだと思うけど。長門有希はファン的に「もっと何とかしてあげたい」「もっと幸せになってほしい」とされているキャラなんで、幸せになるヴァージョンのMADが一杯あるんで難しいですね。興味のある人は検索してみよう。つーか原作者自身が長門有希を何とかしてあげたいと思った挙句、「涼宮ハルヒの消失」なんていう長門推しエピソードまで作って映画化までしちゃう有様。映画化までされたハルヒは「消失」だけ。

    【ハルヒMAD】こんなに近くで...(長門ver.)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm137548

    【MAD/AMV】涼宮ハルヒの憂鬱 Skittles 『Candy Pop』 H.264みほん
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm2523436

    P87上段L6「山本監督のダンスシリーズは、現時点であと二つあって、ハルヒの次の年、2007年に『らき☆すた』というアニメのオープニングでもダンスが登場します」

    らき☆すたも一般常識アニメ。見ていない奴はアニオタ失格。「萌えアニメ」の代表作でもある。ハルヒもらき☆すたも、「踊ってみた」動画が大量発生した。
    山本寛(ヤマカン)は一般常識レベルのアニメ著名人。今では「かなり危ない人」「ヤバい人」と認識されている。最近は魔法少女まどか☆マギカに対抗する形で「フラクタル」ってアニメを東浩紀名義で作って大失敗し、その後も色々スキャンダルを引き起こしている。
    らき☆すたのOPは「電波ソング」の代表格でもある。歌詞が何言っているのかわからない。歌詞が正式発表されるまで、当初は歌詞解析が流行ったほど。

    Lucky Star High quality version らき☆すた OP「もってけ!セーラーふく」
    http://www.youtube.com/watch?v=z0vuKfua2N4

    【DVD】 涼宮ハルヒの憂鬱 Vol.7 映像特典 「TV版EDスペシャルバージョン」(曲名「ハレ晴レユカイ」)
    http://www.youtube.com/watch?v=dnnCZQSBT-k&feature=fvst

    で、本書では後にも出てくるけど、これらの素材を利用して、曲とか映像とかを改編しMAD作っちゃうってのはありふれた話。素材切り貼りするだけならまだしも、わざわざ画まで自分で作っちゃって、らき☆すたOPの画像だけハルヒに入れ替えてこんなの作ったりしちゃう愛すべきアホまでいる始末。

    らき☆すた+涼宮ハルヒの憂鬱(完成版)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm3613437

    はる☆すた【着色完成】画質向上版
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1559056

    もちろん逆バージョンもある。こっちはEDじゃなくてOPだけど。

    【手描き】らき☆すたで涼宮ハルヒの憂鬱OPパロ
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm7093805

    涼宮ハルヒの憂鬱 OP 「冒険でしょでしょ?」
    http://www.youtube.com/watch?v=NntYkyMn6mw

    余談だが、一般的に言って、OPやEDで「ダンス」したり「踊る」アニメはMADになり流行りやすい。今期では「人類は衰退しました」OP「リアルワールド」におけるいわゆる「衰退ダンス」が有名。
    因果関係としては、「踊りたくなるからニコニコ動画などで話題になって作品も人気が出る」という方向もあるのだろうが、実はそれ以外に、「ダンスを考えてOPやEDに合わせるのってスタッフの能力も金も時間も必要だから、ダンスをやれる作品ってのはもともとリソースに余裕があって恵まれているんでヒットする」って方向もあるんだと思う。

    P88下段L7「映像8――『かんなぎ』OP」

    一般教養ギリアウトな作品。知らなくても良い。ヲタが木彫りしたら萌え女子が出現した!ってストーリーだとだけ覚えておけば良い。山本寛作品の傾向を知るためには重要だけど。基本的に山本はパロディーとかネタとかが大好きなんで、頻繁に作品中にそうした要素を挟んでくる。本作も同様で、架空の作品中歌である「どっこい食品 ハロー大豆の歌」と「スーパーしりげやのテーマ」は有名。アホなことにカラオケもある。

    かんなぎOP 歌詞付き(曲名「motto☆派手にね!」)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm4918397

    ハロー大豆の歌/しりげやのテーマ
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm5472033

    P119上段L7「シャア・アズナブル?」

    言わずもがなだが、「機動戦士ガンダム」は日本の三大アニメの一つであり、常識も常識、国民の義務です。無論ファースト以外はどうでも良いけどね!
    ガンダムの主人公アムロ・レイの最大のライバル。ジオン公国軍少佐(後に大佐)。
    すかした野郎ということで有名。多分日本で一番人気のある敵役。2位は同じガンダムのギレン・ザビ(ジオン公国総帥。最高指導者)だと思う。無駄に意味深な台詞が腐るほどある。そして実際深い意味は無い。
    以下ぐらいは一般教養なんで覚えておこう。

    「坊やだからさ」
    「認めたくないものだな。自分自身の、若さ故の過ちというものを・・・」
    「見せてもらおうか、連邦のMSの性能とやらを」
    「えぇぃ、連邦のMSは化け物か!?」

    用例:「えぇい!猫町の主催者は化け物か!?」

    シャア・アズナブル 台詞集
    http://simple.s59.xrea.com/all_word/all_word.php/%A5%B7%A5%E3%A5%A2%A1%A6%A5%A2%A5%BA%A5%CA%A5%D6%A5%EB

    続く。
    http://nakamiya893.jugem.jp/?eid=3650

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.14 Monday
      • -
      • 20:02
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM